キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

〈シンクロ打法〉 ダブルステップ法の魅力お伝えします!

f:id:kioreopin:20190527154946p:image

引用:GAHAG

 

どうも、キオレオピンです。

 

皆さんは『シンクロ打法』をご存知でしょうか?

 

簡単に説明すると、バッティングにおけるタイミングの取り方を簡単に簡略化できてしまう、といったバケモノ級に便利な方法です。

 

こちらの記事をまだ見ていない方は、先に見ることをオススメします☟ 

www.kioreopin.work

 

シンクロ打法の投手との “シンクロ” の仕方には無数のやり方があります。

 

今回はその中でも “足のかかとを踏み込む”  方法の種類に『ダブルステップ法』というものがあるので、分かりやすくご紹介します!

 

 

 

ダブルステップ法とは?

読んで字のごとく “2回ステップする” 方法なのですが、どのタイミングでどのようにステップするのか分からないと思うので、まずこちらの動画を見てください(足に注目)☟

 

高橋由伸選手のバッティング。まさに芸術的ですね、、、

 

さておき、この選手はシンクロ打法の基本の形とされる、「投手の重心がさがる動作に合わせて、前足のかかとを地面に踏みつけて“シンクロ”させる」方法に加えて、タイミングよく“足踏み”をするようなイメージを取り入れています。

 

この足踏みをする動作が、「ダブルステップ法」を呼ばれています。

 

ノーマルのシンクロとの違い

実際にこの方法を投手に合わせてやってみると分かるのですが、ノーマルのシンクロでは1度かかと踏みつけを行った後、ほとんどの打者が後ろ方向に体重移動すると思います。

 

その体重移動を大げさに、大きく動かしたものが高橋由伸選手などが取り入れている “ダブルステップ法” なのです!

 

ポン・ポンとタイミングよく前→後に足踏みすることで、後ろに体重移動する動作までを一連の動作にしてしまっているのです。

 

なぜ大げさに足踏みをして一連の動作にしているのでしょう?

次の章でお答えします。☟☟☟

 

 

 

ダブルステップ法の魅力

ではなぜ、ノーマルのシンクロ法ではなく、足踏みを意識したようなダブルステップ法なのでしょうか?

 

結論から言うと、最大のメリットは体重移動のしやすさ” ですね。

 

バッティングで難しいとされているのは、『毎回同じフォーム』で動作をすることだと思います。

 

この難しいとされる維持というものは、その日その日で微妙な動作のズレを引き起こしまくります。

 

また、動作だけでなく、感覚的なズレも生じることもたたあります。

 

では、その誰にでも起こり得る微妙なズレは、どうすれば起こりにくくできるでしょう?

 

答えはシンプルで、動作自体をシンプルに、余計な動作・力を加えないことです。

 

ダブルステップ法は、この考え方に基づいて、シンクロ→体重移動という流れを簡略化しているのです!

 

繰り返しになりますが、タイミングよく足踏みを行うことでよりズレが生じにくくなるのがイメージできるでしょうか?

 

結論、このつなぎ目が簡略化されズレが生じにくくすることによって、いつでも同じ動きができるようになるということです。これができれば、スポーツ全体においてかなり優位になってきますよ。

 

体重移動に関する解説記事もそのうち書こうと思っています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

シンクロ打法における「ダブルステップ法」の魅力・秘訣がお届けできたのではないかと思っております。

 

余談ですが、野球が上手い人やプロの選手たちはこうした動きが自然とできており、無意識下で行えます。

 

最終的には無意識下でできることがBestですが、理論を理解して誰にでも教えてあげられる状態が望ましいです。

 

指導者の方達も同様に、そのような上手な人達は自分が無意識にやっていることを、意識的に導入したものでない限り人に伝えることはできません。

 

私は第三者の目から見て、しっかりと理論に基づいた分析の元『シンクロ打法』を推奨しています。

 

是非このような本当に正しく理解しやすい理論を皆さんに知ってもらい、さらに多くの人に広めていって欲しいと願っております。

 

今回は以上になります。

 

では!

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村