キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

〈打撃の極意〉トップの位置はどこが最適かを理由付きで解説

どうも、キオレオピンです。

f:id:kioreopin:20190527173355j:image

引用:ぱくたそ

最近気づいたことなのですが、プロ野球選手の方々の構え方を見ていると、やはり自然体で無駄な動きの無いシンプルな構え方の方が非常に多いですね。

 

特にプロのような一流の投手相手では、少しの無駄な動きによる精度の落ちでヒットを打てる確率がガクンと下がりますね。

 

さて本題ですが、小学生から高校生達によく見受けられるありがちな、不必要な動きや改善した方が良い結果に繋がることのうちの一つとして、“トップの位置” が挙げられると思います。

(トップとは後ろ方向にテイクバックした際のバットと手の位置のこと)

 

今回は最適なトップの位置につい理由を付け加えながら解説していきたいと思います。

 

 

 

最適なトップの位置はどこ?

最適な位置は、正確には自分に合った正しいスイングの仕方を理解できているかによって変わってくると思います。

 

理想的なスイングの仕方についてはこちらの記事で理論を解説していますので、是非参考にして下さい☟

 

www.kioreopin.work

  

こちらの記事の内容を一部抜粋しておくと、本当に理にかなったスイングというのは、昔から言われている“最短距離”のスイングでは無く、イチロー選手の独特な素振りの様に後ろを大きく振る様な“遠心力”を使えたスイングなのです。

 

こちらの記事も参考にして下さい☟

 

www.kioreopin.work

 

では、最も最適なスイングの仕方やそのイメージを持った上で、どのようなトップの位置が最も理想のスイングに最大限の効果を生み出せると思いますか?

 

結論から申し上げますと、高い位置にトップを構えているのはかなり不利になります。(低すぎてもダメですが)

 

そして正しいトップの位置とは、やはりリラックスした状態で、肩の高さから少し上かもしくは少し下の位置で構えるのが最適だと考えられます。

 

これらの理由を次の章でお話ししていこうと思います。

 

 

 

トップの位置は肩の高さ付近が良い理由

まず、ポイントの位置が高すぎたり低すぎたりすることがなぜダメなのかを説明します。

 

冒頭でもお話ししましたが、バッティングという一連の動作に無駄があってはいけません。

 

ですので、いくら自分が構えやすい体勢であったとしても、必ず最適なスイングをしようと思えばその位置(肩の高さ付近)から“打球方向へのスイング”の軌道は始まるので、高すぎたり低すぎたりする位置からの開始ではトップからスイング始動の位置までに無駄な動きが生じてしまうのです。

(※厳密にはトップの位置からがスイングの始動位置ですが、文章にもある通り、ここで述べているスイングとは打球を飛ばす前方向にバットを動かしている時のバットが通る軌道を指しています。)

 

よって、結果的に最適なスイングの邪魔にならないようなトップの作り方が非常に重要になってくるので、トップの位置は肩の高さあたりがベストな位置であると言えるのです!

 

 

やはりプロの選手も共通していた!

やはり、プロの選手で3割を超えている方々も皆おおよそ肩の高さより少し上の位置が多いように思います。

 

もちろん人によっては肩と同じ高さかそれより少し低い人もいます。

それこそ自分なりに工夫したり、不利にならない程度に自分に合った位置に構えている現れですね。

 

こちらの動画が参考になるので見てください☟

 

皆さんやはり共通してトップの位置からスイングの軌道にのせるまでスムーズで無駄がないですよね。

 

山田選手は足やバットでタイミングをとっているので一見特徴的な打法に見られがちですが、

こうしてスローでトップの位置から振り終わりまでを見るとものすごくシンプルです。

 

是非プロの動きを参考にしつつ、自分に合った最適なトップの位置を見つけていただきたいです。

 

 

まとめ

トップを作っている時間はバッティングという行為の中でもほんのわずかな時間です。

 

よって、一瞬の行為故に意識することがかなり難しいかもしれませんが、最初はその部分だけ集中的に取り組んでいってください。

 

ゆっくりした動きでイメージを掴んで頂くのでも構いません。

 

そしてスイングと連動させていった時に、その位置で本当に連動しやすいのかを探っていってください。

 

探究心を持てば持つほど、驚くほど成長できます!

 

そこが野球の醍醐味なので楽しみながら技術向上を目指すことも忘れずに。笑

 

では!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村