キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

〈シンクロ打法〉投手は「シンクロ崩し」で攻めろ!

どうも、キオレオピンです。

 

私の過去の記事で「シンクロ打法」というものを紹介しました。

 

まだ見ていない方はこちらを先に見てください☟

 

www.kioreopin.work

 

 

この記事では打者側の “シンクロ打法” の目線でしか話していなかったのですが、

 

今回は投手側の目線で、対 “シンクロ打法” 用の技術を伝達していこうと思います!

 

 

必殺!「シンクロ崩し」

簡単なおさらいをしておくと、“シンクロ打法” とは、投手と打者が体の重心の動きを同調させることによって打者側のタイミングが格段に取りやすくなる、といった必殺技でした。

 

しかし、実は投手にもこの必殺技を攻略するための必殺技があります。ややこしいですが笑

 

 

今回紹介する投手側の必殺技の名前はタイトル通り「シンクロ崩し」です。

 

ではさっそく、方法を説明します。

 

 

シンクロ打法の方法は、投手が重心を沈みこませるタイミングで打者も重心を沈み込ませるのが主流ですが、

 

この「シンクロ崩し」というものは、重心を沈みこませる際に「軸足で粘るように体重移動」をして、その沈み込み動作自体の速度をわずかに遅らせる(早くする)というものです。

 

 

これによって打者とのシンクロにわずかにズレが生じ、そのわずかなズレが打者にとっては命取りになり、打ち取れる確率が上がります

 

 

しかし、やはり注意点もあるのでそちらもいくつかあげておきます☟

 

注意点

◉投げる動作に支障がでては元も子もないので、100%の球が投げれるよう一気に遅らせたり早くしたりせず、少しづつ変化させる

◉相手が「シンクロ」している打者にのみ有効

 

まとめ

シンクロ打法は打者にとっての有効な方法しかないと思っていた方も、

 

今回紹介した「シンクロ崩し」のような、投手側の策略もあることを知っていただけたと思います。

 

また、「シンクロ打法」を野球歴の初期から知っておくことも重要ですが、これからどんどん上の高いレベルを目指して行く人にとっては、より「シンクロ打法」「シンクロ崩し」が有効になってくると思います!

 

是非早いうちからこの方法を知っていただき、周りの人達と差をつけてチーム内で光る選手になって下さい。

 

では!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村