キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

〈打撃の極意〉“ うねり ”ができれば確実に力強いスイングができますよ

どうも、キオレオピンです。

f:id:kioreopin:20190530002633p:image

皆さんは「うねり」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

バッティングに革命を起こす方法に「うねり打法」というものがあります。

 

前提として、「うねり打法」を理解するには先にスイングにおける“慣性力”を理解しておく必要があります。こちらの記事で説明しているのでよければ参考にして下さい☟

 

www.kioreopin.work

 

実際「うねり打法」の理論を理解するには多くのパートに分けるのが理想であり、かなり時間がかかりますので、今回はあまり深入りせず、簡単な説明を分かりやすくしてみたいと思います。 

 

 

 

「うねり」とは?

まず、検索サイトでググってみますと、「緩やかに大きく波が曲がりくねること」と出てきます。

 

バッティングにおける ”うねり“ では、このイメージにプラスして、ねじり上げるイメージを想像してもらえればと思います。雑巾しぼりのように。

 

大雑把にイメージが掴めたところで、今度は実際に野球の中の「うねり打法」とはどんなものなのかを説明していきます。

 

野球の「うねり打法」ってどんなもの?

まず、状況としてこの打法が本領を発揮する場面は、“スイングをする際のトップの位置からフォロースルーまでの場面”だけです。

 

そしてこの打法を言葉で簡単に説明すると「足からねじり上げられた“らせん状のパワー”を活用したスイング法」となります。

 

結構何を言っているのか理解できないと思いますので、もっと分かりやすく説明していきます。

 

 

トップの位置から「割れ」を利用して回転運動に移っていきますよね。

 

その際に、後ろ足の内側のスパイクの剣を意識しながら、足の内側から下半身へとらせん状に力の波がねり上げられて伝わるイメージを持ち、実践できることがいわゆる「うねれている」と言います。

 

そのイメージが持てると、バットのヘッドスピードが加速するであったり、ドアスイングが改善されたり、タイミングを外されても手が出てしまうのをグッと我慢できることで力強いスイングができる、などの多くのメリットが生まれるのです。

 

まとめ

今回は簡単な「うねり打法」はこんなものですよ、という紹介程度でしたが、

うねり打法は複数のパートに分けて考えることが必須であるので、

また別の記事でパートごとにノウハウを伝えていこうと思います!

 

では!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村