キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

【結論】野球部が丸刈りにする理由は社会のしくみと同じです

f:id:kioreopin:20190709221541j:plain


どうも、キオレオピンです。

 

先日、千葉県の成田国際高校野球部の丸刈り廃止が少し話題になっていましたよね。

野球部=丸刈りの風習について、昔からさまざまな議論や意見がありましたが、

今回yahooニュース等で大きく「丸刈り廃止」の運動が取り上げられたのは数少ない事例だと思います。

よってこのニュースを筆頭に、さらに丸刈り強制を廃止する高校(中学・小学)は増えるでしょう。

 

筆者はこの動きを社会の流れと同じだと考えました。

これについて今回は少し意見を述べてみようと思います。

 

 

 

なぜ丸刈りにするのか

まずはじめに、丸刈りにするメリット・デメリットをあげようと思います。

 

<メリット>

  • 髪が邪魔にならない
  • 汗をかいても蒸れにくい
  • 周りとの差別化で球児らしくすがすがしい(個人差アリ)
  • お風呂がラク

 

<デメリット>

  • 個性を出せない
  • モテない(個人差アリ)
  • 頭が寒い

個人差があるものも当然多くあるのですが、大半の人がこう思っているはずです。

 

そして次に野球部=丸刈りという暗黙のルールについてです。

昔の野球といえば、水も飲めない、体罰当たり前の時代でした。

その頃の風習で、野球をプレーする上で阻害になるものや誘惑は断ち切らなければならない、とされる日本特有の考えが現代まで深く根付いているのです。

現在は勢力を失いつつある日本の野球ですが、元々日本の得意とするスポーツといえば野球でした。

なので、いわゆる「古き良き伝統」がずっと守られてきたのが、暗黙のルールなのです。

 

 

 

社会と共通する部分

ここまで聞くともうお分かりだと思いますが、「古き良き伝統」を根強く持っているのはまさに日本全体がそうです。

野球というスポーツは特に縦社会のように上下関係が厳しい風潮がありますので、

その面から見ても野球というスポーツは日本の社会の縮図のように見えて仕方ありません。

 

こんなことを言うと叩かれるかもしれませんが、まだまだ日本の社会には年功序列の仕組みが根付いており、能力の無い人が能力の高い人よりお給料が高いなんてことはざらにありますよね。

しかし、近年トヨタが終身雇用を辞めると言ったことを筆頭にこれから多くの会社が終身雇用廃止になると予想されます。

そして実力主義の社会に近づいていくはずです。

 

今回のテーマの野球部の丸刈り問題に関しても、この流れに続くようにおかしな「古き良き伝統」は消えていくと考えられるのです。

今後、球児たちの姿から丸坊主が消え、一般人と同じように個性が出せる髪型でプレーする姿が近い将来普通になるかもしれないですね!

 

 

野球部強制丸刈り廃止もルールは必要

髪型は人間にとって個性を表現できるものの一つです。

とはいえ、「野球」となると髪型に気を取られていては元も子もありません。

あくまでもスポーツをする上での適切な髪型を守る必要があります。

 

例えば、どう見ても邪魔になる過度な長髪や、ワックスなどの整髪料をつけて野球をプレーするなどです。

強制丸坊主廃止には賛成の方は多いと思いますが、スポーツをすることを考えた上でそれなりのルールを条件としてつける必要があることを知っておいて下さい。

 

 

まとめ

今回大きく野球部の丸刈り問題について取り上げられましたが、

私も数年間の野球人生の中で、なぜもっと早くこのような動きが起こらないのかと不思議でなりませんでした。

私と同じような考えを持っていた人は全国にいると思います。

皆、どこおかしい風習があると感じていたと思います。

晴れて今回こうした動きが大きく取り上げられたので、今後の動きにこれからの子供達はぜひ期待したいものですね!

 

では!

 

 

 

↓ポチッとお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村