キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

スーパーの品出しバイトってどんなことするの?実際大変なの?を完全公開!!【学生アルバイトなら小売業が意外にオススメ】

f:id:kioreopin:20190629025036p:image

 

どうも、キオレオピンです。

 

私キオレオピンは、大学に行きながらスーパーの品出しアルバイトを3年以上続けてきました。

他にも「アパレルバイト」「倉庫バイト」「事務バイト」などの様々なアルバイトを経験してきました。

 

数々のアルバイトをしてきた中で、分かったことがあります。

それはスーパーの品出しが結局一番コスパいいのではないか

ということです。

 

そんな訳がないと思う人が必ずいると思うのですが、

それはズバリ、本気で取り組めていないからだと思います。

 

しっかりと就職した時のことを考えながら「お金」のことだけにとらわれず、

高い意識を持って働くことが学生アルバイトには必要だと思います。

 

 

初めてのアルバイト先を探している人や、新しく始めようとしている人、

掛け持ちで2つ目を始めようとしている人に向けて

本気で詳しく紹介していますので是非最後までお付き合い下さいませ。

 

☆この記事で得られること☆

スーパーの品出しバイトの仕事内容が超具体的に分かる!

 

 

 

「スーパーの品出しの魅力」

f:id:kioreopin:20190629024621p:image

スーパーのバイトと聞くと、正直あまり聞こえは良くないですよね。(←失礼)

私自身、「バイト何してるの?」と聞かれた時は躊躇してしまいます。笑

聞こえが悪い理由は、「誰でもできるから」「単純にカッコよくないから」ですかね。

特に「初心者はまずここからでOK」みたいなサイトをよく見かけます。

私もその部分に関しては間違っていないと思います。

 

しかし、過去に様々なバイトを経験した筆者は、

“スーパーならではの魅力” があることに気付いてしまいました。

それを以下にまとめました☟

  • 作業が簡単なものが多い
  • 繰り返し作業が多い
  • 作業スペースが広いのでストレスを感じない
  • 無理にお客さんを呼び込む必要がない(店舗によってはあるかも)
  • 接客が簡単
  • シフトの融通が利きまくりで最&高
  • シフトの時間に多少遅れてもそこまで迷惑しない(←これは後で説明します笑)
  • 廃棄商品や試供品をもらえる(店舗によっては不可)

 

全てが全ての店舗で当てはまるとは言い切れませんが、大体はこんな感じです。

上記のメリットを何点か深掘りしてみます。

 

 

✔️作業スペースが広い

例えば同じ小売業でコンビニのバイトがあげられます。

こちらも初心者向けとして有名ですね。

ですが、知っての通りコンビニは狭いですし、

何時間も狭いスペースに店員が数人がいる状態です。

「じっとしているのが苦手」なんて人は特にストレスを感じやすい可能性があります。

 

それに比べてスーパーの品出しバイトでは、店舗が比較的広く自由に歩き回れるため

かなりストレスフリーで働くことができますよ!

バイト選びで見落とされがちですが、長く働くことを考えている人は

「いかにストレスなく働けるか」を重要視して決めると良いでしょう。

 

✔️シフトの融通が利きやすい

これはアルバイト選びでもかなり重要ですね。

学生は勉強を優先するべきですし、遊びたい気持ちもあると思います。

そんな時に自分の思ったようにシフトを組んでくれないところでは

たった一度きりの学生生活を自分で無駄にしていることになります。

(テスト前に休めないとかだったら最悪ですよね...)

 

ですのでスーパーのような、比較的従業員が多い中で働く環境を選ぶことで

先程と同様ストレスフリーな働き方ができるわけです!

 

ちなみにですが、人手不足でシフトの融通が利かず、希望より多目に入れられてしまうようなアルバイトは注意が必要です。

理由は学生が1年間(1月〜12月)に稼げる給料はほぼきまっていて、

そのラインを超えて稼いでしまうと税金を取られ逆損をしてしまう可能性が高まるからです。

詳しい説明はこちら↓ 

www.kioreopin.work

 

✔️多少遅刻しても多大な迷惑がかからない

これは賛否両論、店舗によって違いがあると思います。

出勤時間に遅れることは当然ダメなことですが、

スーパーなどの一度の出勤人数が複数いる環境では

もし仮に電車の遅延で遅刻してしまってもそれほど店や他の従業員に影響はでません。

 

逆に居酒屋やレストランなど、時間きっちりに交代制でお客さんを一方的に迎え入れる職では

お客さんや従業員に多大な迷惑をかけてしまうことになりますよね。

 

これは気持ちの面でストレスフリーな状態ですね。

遅刻はいけませんが、どうしても遅れてしまいそうな時に連絡するのに

他人に迷惑をかけないという点で気持ちが軽い方がいいよね、という話でした。

(怒られそうですが...)

 

 

 

「スーパーの品出しの仕事内容」

f:id:kioreopin:20190629024331p:image

大まかな仕事内容は次の通りです☟

  • 入ってきた商品の品出し
  • 定番の商品を整頓
  • 商品の値下げ・廃棄
  • 聞いてきた時だけお客さんの接客
  • レジ応援
  • その他応援
  • 商品在庫管理
  • 商品発注作業
  • POP作成
  • 売り場変更・展開作業
  • 商品値段管理
  • その他

 

タスクが分かったところで、次は一つずつ具体的に説明してみます。

 

 

※ここからは想像してもらいやすいよう、

「部門主任1人」→「複数社員」→「パート・アルバイト」

の順番で責任の重さを仮定してお話ししていきます。(主任が一番重い)

※定番・・・お客さんが実際に商品を選ぶ場所(いつも買い物する場所)

※バックルーム・・・定番から奥にはいったところで在庫やPOP作成室、事務所などがある

 

✔️品出し

前日に売れた商品を自動補充なり手動補充なりで発注し、当日不足分を補う

→補充する中で定番に入りきらなかったらバックルームの在庫保管庫に整理して置いておく

☞これはどの店でもアルバイトがするお仕事だと思います。メインはこれですね。

 

✔️定番商品の整頓

商品が奥にあって取りにくくならない様に前に出して、かつ見栄えが良いように綺麗に並べる

☞コンビニなどと違い一つの商品の量が多いので、商品を綺麗に並べることが売り上げアップに確実に繋がっています。ただ、チマチマ作業で面倒!って人は向かないかも。

 

✔️商品の値下げ・廃棄

売れ残りの出ないように、かつ損益にならないように値下げする

→どうしても余ったら廃棄する

☞基本的に賞味期限の早いもの(例えばパンとか)は狙い通り全て売れることがないため、

毎日値下げをして損益を出さないように注意しておく必要がある

 

✔️接客

お客さんに商品の場所やイベント情報で質問を受けたら、対応・ご案内する

☞アパレルのように商品を売り込む必要はないので、基本的に場所の質問だけ答えられる様にしておけばOK。簡単。

 

✔️レジ応援

店で決められた音楽が鳴ると共にレジの応援に駆け付ける

☞レジがお客さんにとっても一番スムーズにストレス無く済ませたい場所なので、店の評価に繋がりやすい場所。中には品出しアルバイトが応援しない店もあると思います。

 

✔️商品在庫管理

在庫保管庫に保管している商品を定番へ持っていく

☞扱う商品の数が多ければ多いほど在庫の管理は難しく、隅々まで管理が行き届かないので

こまめに定番と在庫のチェックが大事

 

✔️商品発注作業

足りなくなった商品を業者から取り寄せるために発注する

☞基本的には自動補充をセットして発注という流れのため、「特別に限定で安く売る商品」を除いた定番の商品を頻繁に発注することはないものの、たまに自動補充が狂って機能しない場合があるのでその際にも発注の掛け直しが必要。
 

✔️POP作成・変更

プライスカードや広告(見出し)の作成を行う

☞お客さんは一円でも安く買おうとするのが普通なので、絶対に値段を間違えてはいけない。

よってアルバイトにさせないところもある。

 

✔️売り場の変更・展開

期間を設けて安くなっている商品を定められた位置に変更・展開する

☞安く大量に売って売り上げを伸ばすので、商品の個数がものすごく多いのが特徴。

品出しと違い、効率よくテキパキ作業ができ、展開のレイアウトが無い場合は自分で想像して売り場を完成させる必要アリ。同様アルバイトにさせないところもある。

 

✔️商品値段管理

機関によって値段が変更される商品の値段チェック・変更を行う

☞POP作成・変更と同様にお客様にとって値段は最も重要なので、慎重に行う必要がある。

同様にアルバイトにさせないところもある。

 

 

ちなみに私は全て経験しており、これら全ての作業を限られた時間でこなそうとすると

かなりテキパキとしなければならないので結構大変なのです。

(私の場合、自ら進んで行っていて、本来は正社員がする作業も含まれるため、普通にアルバイトに与えられる最低限の仕事は単純で非常に楽です)

もしスーパーのバイトでバイトリーダーになってみたいと思った方がいたら、それぞれのタスクのアドバイスを参考に働けばあなたは確実にやり甲斐を見出せるでしょう。

 

 

 

「やり甲斐は果たしてあるのか?」

f:id:kioreopin:20190629024408p:image

「簡単な作業だから」「社会のスキルなんか身につかないから意味ない」などと

軽視されがちな部類だと個人的に思いますが、それは一概には言えません。

 

もしあなたが「スーパーのバイト」より「居酒屋のバイト」の方が

コミュニケーション力が身に付くし、やり甲斐があると思っているとするとそれは間違いです。

仮にもしそうだったとしても、それは本人のやる気次第で社会に必要なスキルが身につくかどうかは変わってきます。

 

私がスーパーのアルバイトを3年間本気で取り組んだ結果、就職活動の時にアルバイトで培ったさまざまな自分の魅力が伝えられました。

というのも、アルバイトがする仕事など社会人の仕事からすれば、どんな職種でも対して変わらないのが現実です。

アルバイトを雇っている職業内で、あれがいいとかこれはダサいとか言っているのは本当は全く無意味なのです。

なぜなら本当に技術が必要(=身につく)な仕事はアルバイトにはさせてもらえないからです。

(→会社に重大な損害が出るため

 

アルバイト選びで最も大切なのは、自分に合った職業を就職活動なり転職活動なりで探すための

練習をすることに尽きると思います。

私はどんなに一般的にダサいとか簡単だと言われているスーパーのアルバイトでも、

自分にとって明確な目的意識を持ってアルバイトに取り組める環境を探すことが先決だと気付き、
「ここで一番をとってやる」ぐらいの勢いで取り組めばかならずスキルが身につくと思います。

 

大学生なのでまだ働くことに関して実感が湧かない人が多い中、

アルバイトのうちからこのようなノウハウを知り、行動に移すことができれば

あなたは必ず他の人を追い抜いていけるでしょう。

 

 

ということで、結論はこうです☟

職種に関係なく、自分に合う職種ならばやる気次第でどこまでも成長していけるから、

スーパーのアルバイトでも十二分に成長可能でやり甲斐は大いにある。

 

 

 

「スーパーの品出しバイトが一番コスパ良い説」

f:id:kioreopin:20190629024439p:image

最後に私なりの最終結論を述べようと思います。

冒頭でも話しましたが、私はスーパーの品出しバイトが一番コスパが良いと思います。

 

理由は簡単です。

アルバイトの決め手は自分の生活・性格に合った場所で選ぶことが重要

→そのためには自分の時間を作れ、心の余裕が持てるバイトが良い

(バイトのために無理して自分を作って出勤したりするとストレスで病むから)

→もしスーパー以外もやりたいと思ったら、シフトが割と融通が利くので

    掛け持ちでメインバイトを始めることも全然可能

→スーパーのバイトでモチベーションが高い奴なんて早々いないので、

    あえてモチベーション高く働くことで社員からもより信頼されスキルも身につく

(コミュニケーション力が身に付いたり、裁量の大きい仕事をさせてもらえる)

→モチベーション高く働くと共にスキルが身についてくると、自然とやり甲斐が感じられ

   仕事が苦でなくなる(社会に出るとこれができない人で溢れかえっているのが現状)

 

ちなみに私の例で言うと最後のスキルが身につくの部分で、実際に身に付いたと感じるスキルは

「コミュニケーション力(昔の自分よりも)」「最後まで投げずにやり通す我慢強さ」「人を束ねるマ
ネジメント力」「物流に関する知識」「小売業の販売戦術」などです。

 

繰り返しになりますが、スーパーで本気で取り組んでいる人は極わずかなので、

少し本気を出せば誰だってバイトリーダーになれるので社会勉強に持ってこいです。

 

就職活動の時も「マネジメント力」「物売り戦術」のノウハウを身につけていることで

かなり優位にアピールすることができますよ。

 

 

 

「まとめ」

皆さん、時間を使うことは非常に貴重なことだと認識できていますか?

一生の人生、自分の時間は大切に使いたいですよね。

あのアルバイトはダサいから。やる意味ないから。と鼻から情報を鵜呑みにせず、

自分の目と耳と心で実体験して判断すると良いです。

 

そのためには行動力は欠かせません。

周りに流されず自分を持って行動できる人はそう多くいないので

この記事を見たあなたは良い機会だと思ってすぐ行動に移して頂きたいです。

皆様のご活躍をお祈りしております。

最後までありがとうございました。

 

では!

 

 

↓ポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村