キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

バッティングでの体重移動のコツ

どうも、キオレオピンです。

 

今回はバッティングで体重移動をするときに、最適な移動の仕方を身につけるための練習方法をお教えしようと思います!

 

f:id:kioreopin:20190514115316j:image

 

 

  

なぜ体重移動が必要なのか?

まず、なぜ踏み出す方向に体重を移動させるアクションをしなければいけないか、を知らなければなりません。

簡単に結論をいうと、打球を飛ばしたい方向が踏み出す方向だからです。

どうです?当たり前でしょ?笑

 

では理屈っぽくいうと、理想のスイングは回転運動中の遠心力を利用しているのですが、その初速みたいな立ち位置が体重移動です。回転運動する前に力を加えたい方向に少し初速を付けてやることで、スムーズに回転運動に入ることができます。

 

どんな体重移動がベスト?

結論からいうと、前足を踏み込んだ際に体の中心点が足幅の中心点と重なっていればベストです!

逆に踏み込んだ際に、足幅の中心点より体の中心点が前にいってしまっていると、ほとんどその時点でノーチャンスです。

理由としては体重の支点が前にある位置から回転運動を始めようとすると、不安定な重心を軸に回転するような感じになってしまいます。そうすると遠心力は生まれず、力強いスイングはできません。

バットに当てるだけの技術とは別の話ですよ!

 

上達ポイント

上手く体重移動ができない多くの人たちが共通して言えることが、おそらく前足を踏み込んだ際に体の重心点が前よりの状態になっており、そこで回転運動(スイング)を始めようとしているので力強いスイングができていないような気がします。

簡単な言葉だと、前に突っ込んでいるだとか、テイクバックで体重が後ろにしっかり乗り切っていないだとか言われる方に多いと思います。

 

ここで改善法の一つとして私がオススメする方法は、『かまえている姿勢の重心をいつもより低めに設定し、腰を少し落としたような状態でスイングする』という指導法です!!

この方法のカラクリは、実際やってみれば分かると思いますが、重心を低く腰を落とすことで、体重移動がやりづらくなります。こうすることで、無駄な体重移動の時間を無理矢理無くし、少しの体重移動でスイングに移ることができるため、かなり即効性のある改善方法ではないかと考えています。

※試合や実戦で打てるようになるための改善方法ではなく、あくまで体重移動改善にフォーカスした練習方法です!

 

まとめ

体重移動がスムーズに最適な方法で行えることによって、スイングのしやすさ、移りやすさがかなり違ってきます。

上手くなるコツは、バッティングととらえて練習するのではなく、まず一つ一つフェーズごとに分けて練習していくとより早く上達できると思います。

また、分けて練習していくことで、一つ一つの動作の本質・意味が分かるようになってきます。そこを理解することが大切です。

今回はここらへんで。

 

では!

 

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村