キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

子供に理想的なスイングを上手く教えるためのコツ

どうも、キオレオピンです

 

いきなりですが、『バットは最短距離で出す』

と子供に教えたことはありますか?

もしくは指導者に一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

 

小学生や中学生のうちはタイミングをとるコツ

をマスターするのは難しいですよね

私もそうでした

 

なので、一番最短でバットを出せば

どんな球でも対応できるんじゃないか?

なんて安易な考えを高校2年生の頃までしていました(笑)

 

実際に球には当てることはそれなりにできたのですが、、、

打球に勢いがない!

もっと力強く振れ!

と何度言われ続けたことか(笑)

 

自分では思い切り振っているつもりなんですが、

なぜかインパクトで球威に負けてしまうんですね。。

 

このような経験をした方はいないでしょうか?

なぜこのような現象になってしまうのか、と共に

理想のスイングを初心者の大人でも指導できる方法を

実体験を元に話していこうと思います!

 

 

 

理想のスイングのイメージを子供に持たせるには

ずばり結論から言います

スイングで一番意識するべきことは

遠心力!!

です。

 

よくパワーではなく回転で打つのが良いと言われています

プロ野球選手で言うと イチロー選手やヤクルトの山田哲人選手が良い例だと思います

 

また、ホームランバッターの人を想像するとパワーが必要と思う人がいるかもしれません

しかし、以外と握力が弱かったり体格があまり大きい方ではない方もホームランを打っています

山田哲人選手は実際、握力は弱いとおっしゃっています

こうした人達は特にこの遠心力を意識されているのだと思います

 

少し脱線しましたが、

要するに回転力ヘッドスピードスイングスピードを上げろとよく言われているのは

この 遠心力 を高めるための手段なのです。

 

ここで重要なのが、この順番を間違えると子供は混乱してしまいます

遠心力を使うイメージを持つことが、力で振ったり、最短距離で振ることよりも

理にかなっており、打球がよく飛ぶということを教えてあげることが大切です

 

回転力やスイングスピードを上げれば勝手に遠心力が付いてくるといった考え方より、

遠心力をトップの位置からミートポイントまでの距離の中で、

いかに最大に発揮できるかを考えるということが最重要です

 

 

 

遠心力を最大に使うスイングとは具体的に

じゃあ具体的(物理的)にどう解釈してどうイメージを持てばいいのかです

 

簡単に言うと「トップで構えている位置からインパクトの位置まで」

だけ意識することです

これはあくまで理想的なスイングをすることだけに着目した時に

意識するべきことなので、タイミングの取り方や実践で打てる方法

とはまた違ってきます

 

具体的に説明しますと、トップの位置で構えている時のバットのヘッドに着目し、

意識を一点に集中させてください

そしてバットの「重さ」を感じてください

重さを感じるには腕の力をできる限り抜き、リラックスした状態が良いです

そしてバットを硬い「棒」と捉えるのではなく「柔らかいムチ」だとイメージしてください

 

硬いものを自分が思った軌道で移動させることは容易ですが、

柔らかく不安定な形のものを思った通りの軌道で移動させるには

移動させたい方向に引っ張る力が重要です

 

バットも実際スイングする時しなっていますよね

そこにも遠心力がすでに生まれているのですが

バットのしなりによる遠心力をさらに高めようとすれば

素早く視点となる部分を引っ張る必要があります

そのイメージを頭で意識することが非常に大切です

 

こうした物理的なイメージができることで

今まで指導者に言われてきた「ボールの内側を打つイメージで」とか

ネットや壁のそばで当たらないようにスイングさせられたりだとか

教えられて来た経験がやっと理解できる訳です

 

遠心力を子供に理解させることと

実際体を使って指導することどちらが簡単かというと

明らかに後者であることは明確です

 

野球はスポーツであるため勉強とは無関係と思う人も多いかと思いますが

こうした人達は体で遠心力を理解してきた人か、

もしくは指導するなかでこんな難しいことは小学生・中学生には理解できないと考えているか、

または教えるまでもないと考えている人だと思います

 

私もよく弟やその他の子供たちに教えていますが

必ず遠心力というものを理解させることから始めます

「バケツに水を入れ回ると水がこぼれない」こと等

年齢や学年に合わせてですが、簡単なことで遠心力を理解させて

イメージを持つことが大切だと伝えています

 

 

 

『 最短距離で出す』という言葉の意味 

ここで最短で出すことがいけないことなのかについて

私の意見をすこし話したいと思います

 

物理の法則があまり理解できていない年の子供達は

『最短で出す』という意味をそのまま理解してしまいます

よく言われる 大根切り縦振り 状態になるわけですね

 

上記に述べた様な、遠心力を最大限に使ったスイングができた上で

最短距離で出せることが理想的です

 

ですので、最短で出せという指導は間違っていませんが、

しっかりと遠心力を意識できたスイングができることが先だ、

できた上での最短だ、と考えるのがベストだと思います。

 

何度も申しますが

教える順番を間違っては遠回りさせているだけです。。

 

 

 

遠心力を最大に発揮できたスイングのメリット

メリットを簡単にあげておきます

 

・球威に負けない(力負けしない)

・打球のスピードが上がり野手の間を抜けやすい

・飛距離が伸びる

・変化球やタイミングのヅレに対応しやすくなる

・カットでヒットの確率をあげれる

 

 

 

まとめ

最期の章であげたメリットに関してはすこしレベルの高い技術のことだと思うので

別の記事にて書こうと考えています。

私は他人に教える時は、いかに相手の能力に合わせた相手の立場に立った目線で

指導なり教育なりできるかが最重要だと考えています。

少しでも多くの指導者や保護者の方達に拝見され情報を吸収していただき、

より多くの子供が理想的なスイングができるようになり

未来の日本球界を盛り上げてくれることを望んでいます。

 

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村