キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

打率を簡単にあげる配球の読み方

f:id:kioreopin:20190616171847j:image

 

どうも、キオレオピンです。

 

打席の中で相手の配球が読めない。

打率が一向に上がらない。

チャンスでいつも凡退してしまう。

チャンスで緊張してしまう。

 

こんな苦い経験をした方に向けた記事になっています!

是非一つの打率アップの策略として取り入れてみてください。

ではいきましょう!

 

 

 

自分の打順と前後の選手の能力を考慮する

バッテリーというものは多くが「打順」「体の大きさ」「(2巡目であれば)前回打席の結果」で配球を組み立ててきます。

 

であれば打者側の対策としては、「自分の打順」「自分がどう評価されているか」を考えて打席に入ることが「配球を読む」ことに直結します。

 

分かりやすい例で言えば、1番打者ならまずバッテリーが想像することとしては、「足が速い」「セフティーバントの可能性」ぐらいです。

そこで1番打者側が想定するべき準備としては、「長打も打てることを想像させるようにフルスイングする」だと私なら考えます。

 

 

さらに「打席が2巡目でデータが取られている」であったり、「自分が6番打者の時、前の打者でクリーンアップが終わる」というようなことも考慮することが非常に有効です。

 

実体験として、私が高校野球で現役の時に「6番打者」を打っていたのですが、1番打者や2番打者、クリーンアップの打順を打つことがあるたびに “全くいい結果がでませんでした” 。

 

原因としては単純に経験不足なのですが、それはやはり相手が打順や状況(場面)によって配球を変えてきているからであり、また時によっては自分の打席の後の状況を考えて配球を組み立ててくる場合も想像できますね。

 

ちなみに全ての打順を経験した私が発見したことは、「6番打者」は相手の配球も含め打順の中で一番楽で簡単な位置だということです!

それについての記事も書いているので合わせてお読み下さい☟

www.kioreopin.work

 

 

場面と投手能力(バッテリーの能力)を見極める

詳しく言えば、投手の得意なコース・球種を生かせる配球をするのが “捕手” の役目で、捕手の策略(配球)通りに投げられる能力を試合で発揮するのが “投手” の役目です。

さらに捕手は場面に応じて配球を変えていく必要があります。

 

こうしたことを考慮すると、打者側としては今の状況(アウトカウント・イニング数・ランナーの位置)を打席ごとに考慮する必要があります。

さらに、相手投手の投球練習や自分以外の打者との対戦を見ておき、投手の能力・得意そうな球種を探しておくのも有効な手です。

 

 

まとめ

なんとなく打席に入ったり、自分の調子や自分の得意なコースのことだけを考えて打席に入っているのでは、打率を上げることは中々望めないでしょう。

 

今回お話しした留意すべきポイント・考え方を一つでも多く考えるクセを付けるようにしましょう。

 

いつも打っている人やチャンスに強い人がチームに一人はいると思います。

その人は必ず上にあげたようなポイントを意識的か無意識的かは分かりませんが、必ず頭で考えているはずです。

 

野球というスポーツは常に相手の心理を読む「推測ゲーム」だということを念頭に置いて今日からプレーしていってみてください!

 

では!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村