キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

日本はスモールベースボールを意識し過ぎではないか?というお話

f:id:kioreopin:20190704151009p:plain


どうも、キオレオピンです。

 

「三振するな」「フライをあげるな」「チームバッティングを徹底しろ」「エラーをするな」など、指導者に言われた経験がある方はかなり多いのではないでしょうか?

 

今現在の野球というものは過去の野球と変わりつつあり、徐々に変化してきています。

確かに結果を残すことはプロの世界では求められる部分もありますが、プロは基礎技術を上手く応用技術に変えれる人であって、アマチュア野球では基礎技術の高い人がより価値のある選手となっていると思います。

こうした時代になりつつあるからこそ、上記の様な指導を受けている方に向けた記事を書いていこうと思います!

 

 

日本=スモールベースボール

これは海外から見た日本の野球を表現した言い方ですが、確かにアメリカなどに比べて身体も小さいのでどうしてもパワーで負けてしまい、細かい技術力でカバーすることが目立ってしまいます

 

しかし、スモールベースボールを意識し過ぎるがあまり、昔の王さんの時代の様な「遠くへ飛ばすこと(=ホームラン)」が理想、という野球ができなくなっている現状がどこかしらある様に思えます。

 

チームバッティングなどの細かい技術で得点することはもちろん素晴らしいことですし、日本の世界に対する戦い方で重要な戦略であることは間違いないです。

 

ですが、これから野球を始めようとしている子供達や、今現在野球というスポーツが自分にとって面白いかどうか模索している人達にとって、どちらがスポーツとして魅力的だと感じるでしょうか?

 

この問いを私は皆さんに投げかけます。

ちなみに答えはありません。

ですので、記事を読み終えた時、自分の中で自分なりの答えを出してみて下さい。

 

 

大は小を兼ねるということ

ここでまた問いかけですが、

ホームランを打てる人とゴロを打てる人、

どちらが早くホームラン・細かい技術力共に身に付けたスーパースターになれるでしょうか?

 

私は圧倒的に後者だと考えます。

理由は単純で大は小を兼ねるからです。

 

ゴロは理想的なスイングでなくともバットを振る力さえあれば誰でも打てます。

しかし、ホームランとなればある程度理想的な形でスイングができ、身体の使い方、球の飛ばし方を理解していないと打つことはできません。

 

よって、小さい時から「チームバッティング」などのスモールベースボールを徹底させられた選手は、圧倒的にバッティング技術のノビが遅い(もしくは伸びない)です

 

ここを理解できていない人(指導者)は多いのでは?と著者は思ってしまいます。

 

 

 

誤った方法が定着している?

スモールベースボールが意識されているがゆえの誤った方法の代表例が、「最短距離でバットは出せ」です。

 

これは典型的な「結果を求めた打法」だと言えます。

物理の原理を無視した、遠くへ飛ばない代わりにミート力を上げる方法の悪い代表例です。

(これについての過去記事も書いているので気になった方はどうぞ☟)

 

 

しかし、子供や初心者の人は、自分より経験がある指導者や経験者にそれらしく教えられると信じてしまうものです。

 

同じ「最短距離」でも、無駄な動きのあるスイング(ドアスイングなど)を改善するための指標として使うのであれば話は別ですが、練習の本質を教えず間違った形をただ教える方法では技術の向上は見込めません

 

過度にスモールベースボールを意識しすぎた考え方が、このような誤った指導を導いてしまっているのではないか、と著者は考えています。

 

 

まとめ

いかがですか?

なぜ間違った「最短距離のスイング指導」や「チームバッティング指導」が行われているのかというナゾが少し解けてきたのではないでしょうか?

 

また、この内容を読んであなたの考えはどうだったでしょうか?

 

大は小を兼ねる。

 

皆が知っていることですが、それが実践されていないのです。

むしろその事に気付いていない様にも思えます。

 

しかし、この記事を見て下さった画面越しのあなたは、どちらの意見にせよ、

この一つのナゾに意識を向けることができた状態になりました。

 

このナゾをどう捉えて、どう実践していくかはあなた次第です。

未来の子供達の成長、自分自身の成長をじっくり考えた上で、今後に生かして頂けると幸いです!

 

では!

 

(☟ポチッとお願いします⚾️)

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村