キオレオピンぶろぐ

皆さんと共感し合えるような場になれますように!

【トレンド】話題の「令和スイング」を徹底解説してみた!

f:id:kioreopin:20190704151124p:plain


こんにちは、キオレオピンです。

 

皆さん、YouTubeの野球ジャンルの中で少し話題になっている「令和スイング」というものをご存知でしょうか?

このスイング理論は、YouTuberで「GATTINチャンネル」を運営されている方が発案したスイングの名称です。

 

「令和スイング」に関するGATTINチャンネルの動画はこちら☟

 

私もこの「令和スイング」の動画を見た時「革命級だな」と思いました!

名前も時代の流れを感じさせてくれるもので興味を引いてくれますし。笑

 

理屈的にも私が過去に書いた記事と同じ理だったのでより関心が湧きました。

そこで、理論も含めながら、「令和スイング」について解説していきたいと思います。

 

 

令和スイングとは?

名前からでは想像が付きませんね。笑

動画を見た方はお分かりでしょうが、簡単に言うと、、、

 

「バットのヘッドを一番加速させたい瞬間で容易に加速させる方法」です!

 

最も加速させたいタイミングとは「ボールにバットが当たる瞬間」ですね。

 

理想的なバッティングには、「スイング中にバットのヘッド(先端部分)を走らせる」という動きが必ず必要なのですが、この動きには表裏一体の落とし穴があり、こいつがかなりの厄介者なのです!

この厄介者について次の章でお話しします☟☟☟

 

 

ヘッドの加速と“こねる”は表裏一体

落とし穴の正体は、タイトル通り「こねる」です。

 

初心者向けにまずヘッドの加速のさせ方のイメージから説明します。

スイング中は体の中心を軸に主にを使ってバットを回転させています。

そのスイング中でヘッドのみ加速させたい時、体の部位でどの部位が使えるでしょうか?

 

答えは「手首」です。

考え方としては、スイングは主に腕によって為されているので、腕に含まれている部位で無ければスイング自体がうまく機能しなくなるでしょう、というのが結論です。

 

さて本題ですが、「こねる」というもののイメージとしては

「打った瞬間に地面に向かって打球が飛ぶ」、「引っ張りの際によく起こる」、「弱い遅い相手が取りやすいバウンドゴロ」といった感じですかね。

 

このような現象になっている時は「ヘッドが加速する」手首の使い方ではなく、「こねる」手首の使い方になっているのです。

では、何が「こねる」手首の使い方なのでしょうか?

原因を次の章で話していきます☟☟☟

 

 

 

こねない手首の使い方とは?

正直、この理屈を知っているかどうかで結果の現れようはかなり変化するでしょう。

それほど重要であり意外と簡単なのです!

 

結論を簡潔に申します。

「振り出しからインパクトの位置までヘッドを立てるな!!」

これだけです。笑

実にシンプルだと思います。

 

こちらの画像を見て下さい。

f:id:kioreopin:20190610140841j:image

引用:bbkaion.com

 

①が手首が固定されヘッドが立っている状態で、②がヘッドが下がっている状態です。

この図ではインパクトの時にヘッドが下がっていてはダメということを説明しているようです。

あくまでインパクトポイントでヘッドが立つことが理想なので、インパクトまでの軌道中ではヘッドが下がって出てくることが理想です。ここを間違えないようにしっかり形を覚えて下さい。

 

さて、ヘッドが下がっている状態と立っている状態を視覚的に理解してもらえたと思います。

 

では、逆に「こねている」時はどうなっているかというと、、、

インパクトの位置に来るまでに、すでに手首が立ったまま振ってきてしまっている」

という状態になります。

 

この状態になりやすい振り方が、「最短距離のスイング」「上から叩くスイング」です。

これらの振り方には「こねる」危険性だけでなく、スイング自体も理想とは真逆とも言える状態なので、すぐ改善する必要があるでしょう。

 

過去記事で理想的なスイングについて書いているので参考にどうぞ☟

www.kioreopin.work

 

 

「令和スイング」の方法をわかりやすく解説

動画でも説明されていますが、この打法を簡単に説明しておきます。

 

①トップの位置からまず振り出しに入ります。

この際も、ずっと手首は起こさずに寝たままがポイントです!

②その後インパクトの位置までこの手首の状態を保ちながらスイングしてきます。

 

ここで一つポイントがあります。

動画でも何度も触れていますが、トップからインパクトまでのバットの軌道は一般的に言われる「アッパースイング」のような形になっていると思います。

「アッパースイング」は実は正しい振り方に近いもので、どうしても悪い例に使われがちですが、

手首の使い方さえ間違っていなければ「アッパースイング」が真の最も理想的なスイングなのです!

 

③最後にインパクトの瞬間にやっと手首を立てます。

手首を立てると言っても、イメージとしては “グイッ” と投手方向に押し込む様な感覚でしょうか。

あくまでイメージなので人それぞれで大丈夫だと思いますが、この③が簡単そうで難しかったりしますので自分なりのイメージは必ず持ってください。

 

注意点としては、あくまでスイング中の出来事なのでスイングの軌道に邪魔になる動きは避けることです。実は「こねる」のもスイング軌道の邪魔をして起こる現象の一部です。

ですので、私がオススメした様な前方向にスライドさせるような感覚でいれば良いのではないか、と思います。

 

自分なりに試行錯誤することが最も大事なので、オススメした方法や固定概念にとらわれず、一番しっくりくる感覚が出るまで調整してみてください。

ちなみに、私はこのスライドする感覚でかなり打率が上がったように思います。

 

 

 

イチローの独特な素振りと共通している部分

過去にイチロー選手の独特な素振りについて記事を書きました☟

www.kioreopin.work

 

イチロー選手のこの素振りと「令和スイング」には少し共通点があることに気づきました。

それは、、、

「アッパースイング」をより意識しているものだ

ということです。

 

イチロー選手のバッティングを見ていると分かるのですが、ほとんど「こねる」ような打球は見られず、例えファールであっても、どのコースでも綺麗にさばいているのが特徴です。

そして、上の記事でも書いていますが、独特な素振りは「最短距離のスイングにならないように、肩の後ろからバットが通って出てくるイメージの確認」だと話しておられます。

 

「令和スイング」もどちらかといえば「アッパースイング」な振り方なため、必然的に肩の後ろ側からバットが出てくるような軌道になると思います。

ですので「ドアスイング」になりやすいという反面、バットの軌道の距離が稼げるため遠心力が倍増します。

よって、双方とも共通して「様々な球種・タイミングに合わせられる」「ボールを長く見れる」「強い打球が楽に飛ばせる」という素晴らしいメリットが生まれることになるのです!

 

 

まとめ

如何だったでしょうか?

この「令和スイング」は本質的には難しい原理のテクニックですが、

初心者でもできるようになりやすい、簡単なステップが用意されているのが魅力的です。

 

興味を持った方は多いと思いますので、是非動画などを繰り返し見て実際に自分の体で試してみてください!

私はこれを見た後、早く試してみたくてウズウズしていました。笑

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

また、お願いします!

では!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村